特殊清掃の大変さ

特殊清掃は大変過酷な仕事です。

どれだけ大変かというのは、事件現場や孤独死などの現場を清掃する、と聞いただけでわかるのではないでしょうか。

病死にしても事故死にしても、数日経つと血液や体液が体内から流れ出てきます。

そのため、発見が遅れれば遅れるほど、部屋に腐敗臭が充満してしまいます。

特殊清掃の作業員は、まず現場の消毒作業からとりかかります。

どんな病原菌があるかわからないからです。

防護服と保護メガネ、防毒マスクをつけて消毒剤を現場に散布します。

それから血液や体液がついたところを薬品で拭き取っていきます。

床上で亡くなられていた場合、その場所の血液や体液を拭き取っただけでは腐敗臭はなくなりません。

拭き取り作業の後、床やクロスをはがして血液や体液がしみ込んでいないか確認します。

数日経ってから発見された場合、たいてい床下や壁まで血液や体液がしみ込んでいるので、リフォームをしないと臭いは取れないのだそうです。

特殊清掃専門業者なら、ここまできちんと行ってくれます。

表面だけの汚れを拭き取るだけではいけないのです。

特殊清掃のネクストという会社では、消毒作業から清掃、リフォーム、遺品整理などを行っています。

丁寧な仕事を行うと評判のところです。

どんな凄惨な現場でもきちんと最後まで作業をし、原状回復を行っています。

マスコミなどでも紹介されており、信頼があります。

見積りや相談はいつでも受け付けていますので、メールや電話で問い合わせてみると良いでしょう。