特殊清掃とは

特殊清掃という言葉はご存知でしょうか。

これは、一般の清掃と違い、事故や事件、自殺などの変死や孤独死で亡くなった人の現場を清掃して元の状態に戻すことです。

事故や事件、自殺で発見された遺体の収容は警察や葬儀社が行いますが、その後の現場の清掃は警察も葬儀社も行いません。

それは遺族や家主が行わなければならないのですが、血液や体液がしみ込んだ床や壁、死臭が漂う室内の清掃は専門家でないと難しいのです。

こういった現場の清掃を特殊清掃と言います。

これは、特殊清掃業者に依頼して作業をしてもらいます。

自宅などで亡くなっていても誰にも気づかれずに数日たってから発見されることがありますが、こうなると現場は凄惨な状態になっているそうです。

季節にもよりますが、すぐに蛆などの害虫がわき、異臭がします。

害虫の駆除や血液、体液の清掃は特殊な薬品を使わなければできません。

表面の汚れを拭き取っただけでは死臭は取り除けないので、もし賃貸物件等の場合なら次に誰も入居できなくなります。

特殊清掃業者に依頼すれば、どんな薬品を使えば良いか、とかどの辺りまでリフォームが必要かなども知識がありますのでお任せしておけば安心です。

遺族からすると、こんな形で身内を亡くしたショックで何も考えられず、手につかない状態です。

そんな遺族に寄り添い、最善の方法で清掃してくれるのが専門業者なのです。

最近、特殊清掃業者では遺品整理や供養、不用品の処分、リフォームの提案なども一緒に行ってくれますので安心です。